建築の専門用語

・塗膜剥離

壁面や鉄面に塗られた塗膜が、硬化や割れにより下地への密着力を無くして剥がれること。たとえ完全に剥離していない箇所でも、密着が弱まっている場合があるため、そうした箇所は除去した上で塗装を行う必要がある。

・チョーキング(白亜化)

壁面や鉄面に塗られた塗装材やシーリング材の表面に、それぞれの含有成分が粉化して表出する現象のこと。施工後時間の経過とともに生じる劣化の初期症状で、指で触ると微粒な粉が付着する。この現象の後さらに劣化が進行すると、割れや剥離が生じるため、建物修繕時期の目安のひとつに挙げられる。

・シーリング材

建物外壁面の目地や、窓サッシの枠周辺に設置されているゴム状の緩衝材。組成成分の違いにより、ポリウレタン系、変成シリコン系、ポリサルファイド系等に分かれる。役割としては、打ち継ぎによるコンクリートジョイント部(ひび割れが生じやすい)や、アルミサッシ等金属部材とコンクリートの接合面において、雨水の侵入を防ぐ他に、ガラスはめ込み部や金属パネルのジョイント部において気密性を保持するためにも用いられる。

・躯体

建物の主用構造体部分を指す。鉄筋コンクリート造であればRC躯体、鉄骨鉄筋コンクリート造であればSRC躯体と通称する。

・RC

RCとは鉄筋コンクリート造りの意味であり、鉄筋とコンクリートを組み合わせ、相互の短所を補い合った構造材料のことを言う。

工事内容に関する用語

・ウレタン防水通気緩衝工法

ウレタン塗膜の下層に通気シートを配置することによって、下地コンクリートに含まれる水分がシート内を通り外部に放出される複合防水工法。屋上床面やル-フバルコニーなど、面積の大きな部位に適用される場合が多い。

・ウレタン防水密着工法

ウレタンゴムを主材とした塗膜防水であり、バルコニー床面などのコンクリートにウレタン塗膜が密着して防水効果が得られる工法。

・エポキシ樹脂注入による空隙充填

コンクリートと表層の材料(タイルやモルタル)の間に生じた空隙(浮き)に、エポキシ樹脂を充填し、樹脂が硬化することで双方を接着させる工法。通常、空隙部分にドリルで穴をあけ、その穴からエポキシ樹脂を手動ポンプで注入して行う。樹脂とともにステンレス製のピンを穴に挿入(ピンニング)し、より強度の接着性を持たせる場合が多い。

・シーリング工事

修繕工事においてシーリング工事とは、主として既設のものを撤去し、新規にシーリング材を設置する工事のことを言う。シーリング材はほとんどの種類が、最初は液状のものを目地等に充填し、乾燥硬化させて施工される。最終的に塗装が行われる箇所(外壁等)においては、シーリング工事を完了した後に塗装が行われ、シーリング材の上に塗装材が塗られることになるが、タイル壁面の打ち継ぎ目地等、シーリング材が露出する場合もあるため、各々完成形態に適した材料を選定して用いる必要がある。

・塗膜防水

塗装材が硬化し、塗膜を形成することにより、防水効果が得られる。

事業所・営業所のご案内 お問い合わせ・資料請求