カシワバラの塗装技術を、世界に。世界基準を満たすグローバル・リノベーションカンパニーへ。

1970年代以降、日本企業の海外進出に伴って、世界のプラント建設工事で活躍してきたカシワバラ。日本の産業を支え続ける高い塗装技術を武器に、各国の文化に根ざした本格的な海外プロジェクトを展開していきます。

インドネシアに続き台湾にも。アジアでの存在感を増すカシワバラ。

2012年のジャカルタオフィス開設を皮切りに、2013年には台湾企業とともに「台彎柏原和泰股份有限公司」、2015年にはヤンゴンオフィスを設立。カシワバラの技術力と現地のマーケティング力を融合し、今後、インフラ整備・保全の必要性がますます高まるアジアにおいて、積極的な受注活動を行っています。

お客様の「トータル・イノベーション・パートナー」として。

お客様の海外進出から進出後まで。お客様の海外事業におけるパートナーとして、ともに長期の展望を描き、継続して事業展開に取り組む。協働・協業の姿勢で現地の文化を尊重しながら、長期的な視野に立って日本国内と変わらない質の高い技術を提供します。

事業所・営業所のご案内 お問い合わせ・資料請求