初めてのお客様にもマンションのライフライン( 給 排 水 設 備 )を守る為に必要な
「現状把握」「調査」「計画」「積算・協議」「工事」全て専門の担当者が対応させて頂きます。

私たちが考えるライフライン

マンション、建物におけるライフラインは人で例えると給水管は血管、排水管は腸のような物
早期確認と適正な時期の対応がマンション全体を維持し皆様の住環境を守る事につながります。
技術の進歩により対応の方法も様々、皆様のお話を聞き、皆様にあった対応方法をご提案させて頂きます。

  • STEP1
    現状把握

  • STEP2
    健康診断
    (調査・計画)

  • STEP3
    積算・協議

  • STEP4
    工事

  • STEP5
    アフターケア

STEP1現状把握

建物の年齢や使用されている配管の材質により対応方法や時期が異なります。

設備の一番の問題は配管からの漏水事故です。
築30年頃から発生頻度が増え、鉄管類の経年劣化による原因が多くあります。
給水や排水など使用用途により劣化の原因も異なります。
問題点から、その状況にあった改善方法をご提案させて頂きます。

カシワバラなら! STEP2調査・計画

給排水設備の健康診断(調査・診断)

適正な工事を計画し実施するには現状の把握が重要です。
設備の調査、診断により確認された状況から適した改善方法をご提案させて頂きます。

抜管調査

既存の配管の一部分を抜き取り、カットサンプルを作成し劣化状況を確認します。
●配管の一部分 → ●カットサンプル → ●劣化状況の確認

内視鏡調査

既存配管内に内視鏡カメラを挿入し配管内の状況を確認します。
●配管内の状況1 → ●配管内の状況2

肉厚測定調査

既存配管の管の肉厚を専用機器で測定し、厚みから劣化の状況を把握します。
●肉厚測定データ
↓

3つの調査で確認された内容をA~Eの設定基準により判定し報告させて頂きます。

他にはない皆様がわかりやすい工事計画を作成します。

工事の計画内容が見て理解出来る資料を作成致します。

共用部工事資料
イメージ
専有部工事資料
イメージ

STEP3積算・協議

給排水設備工事の種類

皆様が求める耐久性やコストに適した工事の計画をご提案させて頂きます。
工事の工法は大きく分けて2種類あります。

 

1経年劣化の既存配管を撤去し新たな配管に交換する工事

2既存配管を補強し延命処置を行う工事

メリット 1回の工事で長期耐久性が期待される。 更新工事に比べて工事コストが安く、工事期間が短い
デメリット 更生工事に比べ工事コストが高く、工事期間が長い 更新工事に比べて耐久性が短い
↓
工事内容のご提案・見積もりの作成

STEP4工事

設備改修工事の内容

1. 給水供給方式変更工事実施時期 随時

高架水槽、受水槽などの貯水を廃止し、給水ポンプを用いて水道本管から直接、
各住戸へ給水を供給する方式へ変更する事を目的とした工事

既存貯水槽撤去補修(受水槽・高架水槽)
増圧直結給水ポンプ新設

給水供給方式変更工事の特徴

  • 貯水の廃止により 衛生面の向上
  • 水槽廃止による清掃及び消毒の廃止 維持費の削減
  • 高架水槽からポンプ圧送による 供給圧力の改善
  • 受水槽撤去による 敷地内の有効活用

2. 共用部給水設備工事実施時期 築20年~

共用部給水管の経年劣化における不具合を改善する事を目的とした工事

 
1【共用部給水管 更新工事】既存給水管を撤去し新しい配管に交換する工事
私たちカシワバラ・コーポレーションでは共用部給水管の更新配管材として最新の配管材、高性能ポリエチレン管を推奨しています。

更新工事には大きく分けて2種類の対応があります。

  • 美観を優先する管理組合様へ 隠蔽式
  • コストを優先する管理組合様へ 露出式
2【共用部給水管 更生工事】既存管の劣化部を除去し内面に樹脂の塗膜を設け既存管の延命を行う工事

給水管の劣化度が軽く、管の強度も十分にある場合、
管内部に樹脂等のライニングを行う『更生工事』の実施検討する事も可能です。
給水管管種・劣化調査結果より、検討を行い最適な提案を行ってまいります。

3. 共用部排水設備工事実施時期 築30年~

共用部排水管の経年劣化における不具合を改善する事を目的とした工事

1【共用部排水管 更新工事】既存排水管を撤去し新しい配管に交換する工事
専有部既存管を撤去し新しい配管(耐火VPパイプ)へ更新
イメージ
共用部共用部排水管の工事では専有部が干渉する事が多くあります。
私たちカシワバラ・コーポレーションでは共用部排水管の更新配管材として最新の配管材、耐火VPパイプを推奨しています。
2共用部排水管 更生工事】既存管の劣化部を除去し内面に樹脂の塗膜を設け既存管の延命を行う工事

給水管と同じく排水管の劣化度が軽く、管の強度も十分にある場合、管内部に樹脂等のライニングを行う『更生工事』の実施検討する事も可能です。
排水管管種・劣化調査結果より、検討を行い最適な提案を行ってまいります。

4. 専有部給排水給湯設備工事実施時期 築30年~

専有部給排水給湯管の経年劣化における不具合を改善する事を目的とした工事

給水給湯管 汚水・雑排水管 建築内装

設備工事には大きく分けて2種類の対応があります。

  • 美観を優先する管理組合様へ 隠蔽式
  • コストを優先する管理組合様へ 露出式

STEP5アフターケア

カシワバラコーポレーションでは、修繕後もアフターサービスを通じて住民の皆様とコミュニケーションを図り、お客様の資産を末永くサポートしています。

KASHIWABARAへのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
0120-48-4116
受付時間:平日8:00~17:00
WEBでのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求