建物劣化診断

建物劣化診断は、いわば「マンションの健康診断」です。居住者の皆さまから現況をヒアリングし、経験豊富な社員がきめ細かに建物調査診断します。劣化状態を確認しマンションの現状を把握することで、適切なタイミングで大規模修繕工事を実施することができます。

お住まいのマンションを無料診断※

劣化状態や建物の状態を確認の上、コンサルティングします。※一部有料

カシワバラ・コーポレーションの建物調査・診断の流れ

  1. 現時点での建物の状態を各部位別目視及び調査機械・器具で調査します。

    建物簡易診断例

    外装部門 設備部門

    コンクリートの中性化
    塗膜・タイルの付着力※1
    鉄部発錆・腐食状況
    外装仕上げ材の老化度※2
    コンクリートのひび割れ・欠損・鉄筋爆裂※3
    漏水調査 等

    内視鏡
    パイプカット(管内部の発錆調査)
    各施設の機能調査 等

    • コンクリート躯体との接着が規定を満たしているかを調査します。塗装面の付着力の悪い塗膜の上に塗装すると塗膜剥離の原因にもなるため、悪い塗膜は塗装前に高圧洗浄やケレン作業で落とします。付着力が十分でないタイルは剥落落下の原因となります。
    • 外壁の塗膜が長年の紫外線などの影響で、劣化し粉化してしまう「チョーキング」や「塗膜の剥離」、コンクリート躯体との間に隙間が生じる「モルタル浮き」「タイル浮き」を調べます。
    • コンクリートに生じる欠損(欠け)はコンクリートの劣化が深刻化しているサインです。鉄筋爆裂とはコンクリート内部の鉄筋がひび割れ等からの雨水浸入等の原因により錆び膨張し、周囲のコンクリートが押し出された現象です。
  2. 調査に基づいて、各状況(症状)の原因と対策方法を記載した建物診断結果をご報告します。

    建物診断報告書の
    サンプルはこちら
  3. 調査・診断結果に基づいて、適切な施工方法・材料等をお知らせします。
    後の施工業者選定の際、同一条件見積(基礎仕様書)の基礎となる資料です。

    施工計画書の
    サンプルはこちら
  4. 仕様書に基づいて、作成された予算書で概算予算を提示します。管理組合さまの予算に応じて修繕すべき優先順位を決定していきます。

    お見積書の
    サンプルはこちら

CONTACT

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-48-4116

受付時間 : 平日8:00〜17:00

WEBでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求