建物調査診断

建物調査診断は、いわば「マンションの健康診断」です。居住者の皆さまから現況をヒアリングし、経験豊富な社員がきめ細かに建物調査診断します。劣化状態を確認しマンションの現状を把握することで、適切なタイミングで大規模修繕工事を実施することができます。

お住まいのマンションを調査診断

劣化状態や建物の状態を確認の上、コンサルティングします。

カシワバラ・コーポレーションの建物調査・診断の流れ

  1. カシワバラの建物調査・診断

    1.調査診断準備
    無料

    事前にご訪問し、お客様のご要望をお伺いします。

    2.建物調査診断
    無料

    屋上・共用廊下・共用階段等を目視※1、手の届く範囲内で打診、検査機器による試験(付着力測定試験※2コンクリート中性化深度試験※3、シーリング物性試験※4)を行い、現況の劣化状況を調査します。

    ※1 目視
    ひび割れ・浮き・欠損・鉄筋爆裂、塗装面のチョーキング ・塗膜剥離、タイル面のひび割れ・エフロレッセンス浮き、シーリングのひび割れや破断、防水面の防水層の膨れや破断等の目視調査します。

    ※2 付着力測定試験
    タイルや塗装の下地に対する付着力を判定します。
    <タイル面>
    タイルの落下の危険性がないか、現状維持が可能かの判断するための試験です。付着力が低下したタイルを放置すると、落下の危険性があります。
    <塗装面>
    そのまま重ねて塗装が可能かの判断するための試験です。付着力が低下した悪い塗膜を剥がさずに塗り重ねると、新しい塗膜が古い塗膜と一緒に剥がれる原因となります。

    ※3 コンクリート中性化深度測定試験
    コンクリートの中性化深度を測定し、建物の耐久性を判断するための試験です。 マンションは鉄筋コンクリートでできています。強度を高めるための内部の鉄筋は、コンクリートのアルカリ性に守られ、錆びません。コンクリートの中性化が進行すると、内部の鉄筋は、錆びやすくなり、次第に体積が膨張し外壁のひび割れや、コンクリートが押し出され破壊されるという状態を引き起こします。

    ※4 シーリング物性試験
    シーリング材の硬化度を測定する試験です。
    伸縮性のある性質を持つシーリング材は、窓廻りやコンクリートの打ち継ぎなど、隙間を埋めることで雨水の浸入を防ぎ、温度変化や地震の揺れによる振動を吸収する目的もあります。弾力性を失ったシーリングは漏水だけでなく、内部の鉄筋が錆びコンクリートの耐久力が落ちる可能性もあります。

    3.調査結果に基づく劣化数量集計

    各所のひび割れや浮き等の劣化箇所を図面に記入し、数量を集計します。より具体的にマンションの現状を把握できます。

    カシワバラの設備診断

    1.調査診断準備
    無料

    事前にご訪問し、お客様のご要望をお伺いします。

    2.建物調査診断
    無料

    図面確認および、屋上・共用廊下・建物廻りの高架水槽・受水槽・給水ポンプ・パイプシャフト等の給排水設備を目視で調査し、現況の劣化状況を調査します。

    3.調査結果に基づく劣化数量集計

    給排水管の内視鏡調査、給排水管の一部分をサンプルとし切り取る抜管調査により、目視で確認できない管内の腐食や閉塞の状況を確認します。


    タイル面の付着力試験


    タイル面の打診調査


    コンクリート中性化深度測定試験

  2. 調査に基づいて、各状況(症状)の原因と対策方法を記載した建物診断結果をご報告します。

    無料建物診断報告書の
    サンプルはこちら
  3. 調査・診断結果に基づいて、適切な施工方法・材料等をお知らせします。
    後の施工業者選定の際、同一条件見積(基礎仕様書)の基礎となる資料です。

    施工計画書の
    サンプルはこちら
  4. 仕様書に基づいて、作成された予算書で概算予算を提示します。管理組合さまの予算に応じて修繕すべき優先順位を決定していきます。

    お見積書の
    サンプルはこちら

CONTACT

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-48-4116

受付時間 : 平日9:00〜17:00

WEBでのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求